【まとめ】谷干城について分かりやすく5分で解説していきます。読み方や、西南戦争などについて。

こんにちは、歴史大好きこっぷんか隊長です。

谷干城という人物は皆さんご存知でしょうか?

ちなみに呼び方は谷干城たにたてきと読みます。

この方は土佐の偉人ですが、坂本龍馬さかもとりょうま中岡慎太郎なかおかしんたろうに比べて地味なので、これまで取り上げられて来なかった人物です。

めっちゃかわいそう。。。

ですが、谷干城たにたてきを深く知っていくと、すごい人間味あふれた志士だった事がわかります。

本記事では谷干城について、分かりやすく丁寧に解説していきます。

5分ほどで読めるので最後まで読んで下さると嬉しいです。m(_ _)m

 

谷干城の重要ポイント

坂本龍馬に感化され開国派・倒幕派になる。

近藤勇こんどういさみの処刑を徹底的に主張。

③「西南戦争」では西郷隆盛軍の猛攻から熊本城を死守し名将となる。

④政治家に転身し、初代農商務大臣になる。

 

坂本龍馬と出会い開国・倒幕

土佐上士の生まれである谷干城が志士活動を始めたころ、彼の思想は尊王攘夷論そんのうじょういろん一色(天皇を敬い鎖国を主張する思想)でした。

そのきっかけは土佐勤皇党とさきんのうとうを組織する武市半平太たけちはんぺいたと交友を深めた事で武市が藩論を尊王に染めようと工作する際、谷は橋渡し役となって協力していました。

その後も攘夷実行の為に働いていましたが藩名で長崎を訪れた際、後藤象二郎坂本龍馬と交わったことで攘夷が不可能であると知ります。

当時の龍馬は薩長同盟を仲介し、幕府の長州征伐阻止に貢献するなど、当時の日本の政局で最も重要な人物。

外交能力が低く日本を代表する力を失いつつある幕府を倒し、天皇中心の新政権を打ち立てることが、日本にとって最善の道という考えを龍馬は持っていました。

龍馬後藤象二郎ごとうしょうじろうと出会い、この考え方を知ってから上海に渡った谷は、西洋の軍事力を痛感し、龍馬や後藤の説明に納得がいくのです。

こうして帰国後、一転してその思想を開国・倒幕へと改めました。

ちなみに後藤象二郎も谷と同じく開国派・倒幕派に思想がかわった一人です。

ここで谷は倒幕思考へと転換したと言われ、

この事から現実的な思考のもちぬしだった伺えます。

近藤勇の処刑を徹底的に主張

ちなみに谷は坂本龍馬を尊敬していたといわれ、龍馬が暗殺されたときは真っ先にかけつけました。

重症をおった中岡慎太郎なかおかしんたろうから襲撃の経緯を聞きだしたのも谷です。

谷は事件や犯人に関する情報を聞き出します。

そして、さまざまな情報を考察した結果、新選組が犯人ではないかと考えるようになりました。

その後も彼は生涯をかけて龍馬の暗殺犯を追いかけます。

戊辰戦争で勝ち進んだ政府軍は、新選組局長であり旧幕府軍の近藤勇こんどういさみを捕らえました。

近藤の処遇については政府軍内で意見が分かれますが、新選組が龍馬の仇と信じる谷は近藤の処刑を徹底的に主張します。

結果的に谷の主張が反映される形で、近藤は斬首された上に、首をさらされる獄門ごくもんという酷刑こっけいに処せられました。

死罪の場合には武士の名誉を重んじて、切腹にするのが通常であるにも関わらず、斬首・さらし首にしたのは谷干城にとって近藤勇の死は、龍馬の敵討ちであったからだと言われています。

後に見回組の今井信郎いまいのぶおが「坂本龍馬を殺した」と言ったのに対し、「お前ごときに坂本龍馬が斬られるものか」と非難したと言われています

政治家に転身し、初代農商務大臣へ

そんな谷の名前が世間に広まるのは維新後の戦争が始まってからでした。

「戊辰戦争」では北関東と会津を転戦し「西南戦争」では、薩摩軍1万3千に対し、一方の谷干城らは3千5百という不利な戦いをしました。

しかし西郷隆盛軍の猛攻から52日間も耐え熊本城を死守してみせました。

軍人・谷干城が武名を轟かせた瞬間でした。

のちに政治家に転身し、初代農商務大臣などを務めています。

このころの政界は薩長藩閥が幅を利かせている一方、板垣退助などは自由民権運動を展開していましたが谷はどちらでもありませんでした。

欧化政策や地租増微に反発し、「日露戦争」の開戦にも反対しました。

その姿は保守的にみえますが国と国民を守る為であり政界になくてはならない存在でした。

高橋公園

熊本城の近くには谷干城の功績を称え、銅像が建立されています。

この像、昭和12年に建立されたものの第2次大戦で金属供出の対象となり、昭和44年に再建されています。

 

■〒860-0001

■熊本県熊本市中央区千葉城町高橋公園

■熊本交通センターから

・辛島町電停から路面電車(A系統健軍町行き)で約5分 熊本城市役所前下車 徒歩約3分

■JR熊本駅から

・熊本駅前電停から路面電車(A系統健軍町行き)で約20分 熊本城市役所前下車 徒歩約3分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です