乾いた墨汁の落とし方7選。最も簡単で綺麗になる裏技をご紹介。

こんにちは。

筆文字アートが大好きな

こっぷんか隊長です。

書道や筆文字を書いていて、

墨が服の上にうっかり垂れてしまった経験はありますでしょうか?

服の上に墨がついちゃうと中々、

洗濯しても汚れがとれなくてテンションが下がりますよね。

今日はそんな悩みを解決するとっておきのアイテムをご紹介致します。

これを常備する事で服を汚す事に対する不安が抜けてもっともっと作品作りが楽しくなるはずです。

本記事は、書道を習ってる方や、

お子さんがいる主婦の方にはとてもオススメな記事になります。

3分ほどで読める記事になってますので最後まで読んでくださると嬉しいですm(_ _)m

はじめに

墨汁のシミはもともと油性の原料のうえにかわきが早いのでシミ抜きが難しく

クリーニング店でも一番苦労するシミ

だと言われています。

今日はそんな厄介者の墨を消す裏技をご紹介致します。

キッチンハイター

乾いた墨汁を落とす方法で、まず私が最初にオススメするのは

「キッチンハイター」です。

キッチンで使える漂白剤の定番商品なので、自宅に常備しているという方も多いのではないでしょうか?

泡が出ないタイプと出るタイプがありますが、出来れば

布に行き渡りやすい泡タイプです。

キッチンハイターを使って、

やり方

①洋服について完全に乾いた墨汁を落とすには、まず汚れ部分につけてそのまま 30分程度放置します。

②その後、お湯で流す。

完全に落ちなかった場合は、再度キッチンハイターをつけるところから繰り返してみると少しずつ落ちてきますよ。

クレンザー

次に紹介する乾いた墨汁を落とし方は「クレンザー」を使う方法です。

キッチンに1つは置いてるというご家庭も多いのではないでしょうか?

クレンザーには、 研磨剤が入っているので、汚れを削り落とすイメージで使用します。

やり方

①まずいらないタオルなどを汚れの下に敷き、汚れ部分にクレンザーをつける。

②塗らした歯ブラシで優しく叩く。

③それでも落ちそうにない場合は、布同士をごしごし擦り合わせていきます。

※あまりに激しくこすると、布が傷んでしまいますので、力加減に注意が必要です。

ノリ×中性洗

乾いた墨汁を落とす方法として次に紹介するのが、チューブ入りのノリと中性洗剤を使う方法です。

幼いお子さんがいない家庭には自宅に置いてないかもしれませんが、白くて粘り気のあるタイプのノリを使用していきます。

やり方

①乾いた墨汁がついた部分に、チューブ入りの糊をつけ、よくもみ込みます。

②次に、台所の中性洗剤をつけてさらにもみ洗いし、水で流します。

③これで落ちなければまた糊をつけて…と、乾いた墨汁が薄くなるまで繰り返し行います。

※チューブタイプの糊にはでんぷんが含まれており、 墨の粒子を吸い出してくれるという仕組みになっています。

マジックリン×固形石鹸

次に紹介する乾いた墨汁の落とし方は、「マジックリンと固形石鹸」を使う方法です。

マジックリンは掃除に欠かせない定番グッズなので、自宅に常備している方は多いのではないでしょうか。

では、乾いた墨汁をマジックリンで落とす方法を説明していきます。

やり方

①まず、乾いた墨汁がついた部分に、水で2倍に薄めたマジックリンをつけます。

②その上に、固形石鹸をつけ、もみ洗いし、水で洗い流します。

③1度で落ちなかった場合は、またマジックリンをつけて…と繰り返します。

この方法で乾いた墨汁が落ちた!という方は多く、一押しの方法です。

歯磨き粉

使用するのは使い古しの歯ブラシと、研磨剤入りの歯みがき粉です。

やり方

①水を含ませた歯ブラシでゴシゴシこすって汚れを落とします。

②汚れても構わないタオルをお湯で絞り、汚れが浮き上がった墨汁のシミを拭き取りながら染み抜きをします。

炭石けん+塩

この方法をする前に洗濯機で洗うと効果がありません。

やり方
①墨汁がついたところを水でよくぬらした後、炭石けんをよく服に塗り込みます。

②石けんをぬりこんだ上に塩をかける。
そしてもう一度、炭石けんをよく服に塗り込みます。

③手を洗うような感じで両方の手のひらでこすりあわせます。

④30秒程こすったら炭せっけんと塩をよく洗い流して下さい。

⑤最後に普通に洗濯

(他の部分に洗い流した水がかかると乾燥させたときにうっすらと墨汁が残ってしまうので注意)

米粒

書道の世界では知られている事なのですが、ごはん粒で墨汁を落とす事も可能です。

やり方

①ごはん粒と中性洗剤を混ぜてのり状にねります。
②シミの部分に塗って、ヘラなどでこそぎ落とす。
③水洗いして洗濯する。

まとめ

いかがだったでしょうか。

皆さん、墨が服についてしまったとしても、絶望的になる必要はありません。

今日お伝えした中で自宅にあるものがあればぜひ、使ってみてください。

皆さんが書道や筆文字を不安なく楽しめますように。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
作品依頼

・作品依頼についてはコチラまで。 blognitukaumail@gmail.com

・筆文字作品のアドバイスが欲しいという方もお気楽にメッセージください。

インスタグラム

・koppunka.1227で検索。

・フォロー大歓迎!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です