筆文字アート・心に残る言葉の贈り物。元総合格闘家の須藤元気の名言

はいさーい!!
アート書家家のこっぷんか隊長です。

仕事を頑張っているあなたにお届けする
名言コーナー本日で41回目です!

須藤元気とは?

須藤元気の事をウィキペディアで
調べてみました。

須藤元気さんのイメージは格闘家という
ものしかなかった自分は衝撃をうけました。

学生レスリング日本代表監督、
拓殖大学レスリング部監督
エッセイスト
自己啓発書作家
ミュージシャン
書家
英会話学校代表
映像監督
唎酒師
ソムリエ
タレント
プロスキューバダイバー、
元総合格闘家。

こんなにも色んな顔を持っていたんですね。

須藤元気の名言

今日はそんな様々な事にチャレンジされている須藤元気さんの名言を1つあなたにご紹介したいと思います

人は本来、個性という宝物をひとつずつ持って、この世界に生まれ出たはずなのに、いつのまにか自分らしさを見失い、学校や家庭や職場で求められる偽りの自己像に合わせ、そしてつまらない自分になってしまう。
あなたがつまらなければ、友達だって仕事だってつまらないに決まっている。
まずあなたがあなたらしく、
魅力的にならなければ始まらない。

須藤元気/総合格闘技

須藤元気さんの言葉は凄く響きますね。

自分の魅力が最大限いかされる環境で仕事が出来たら、自分も周りの人もみんなハッピーになれるでしょうね。

あなたは今の職場で自分を圧し殺していませんか?

あなたが仕事がつまらなかったりするのはもしかしたら、あなたにフィットする環境じゃないのかもしれません。

まとめ

この機会にぜひ一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

今日の記事があなたのこれからの人生の笑顔になるきっかけになったら嬉しいです。

▼良かったら下の筆文字を保存して沢山見返して意識付けしてください。

▼合わせて読みたい記事はコチラ

関連記事99%無理と言われて諦める?私がオススメしたい成功者の思考法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です