【まとめ】芹沢鴨の性格や力士事件についてわかりやすく5分でスッキリ解説。

新撰組はキャラクターの宝庫のような集団ですが、中でも個性的で異彩を放っていたのが

芹沢鴨です。

ドラマや小説では常にヒール役としられる彼はどんな人物だったのでしょうか?

本記事ではそんな芹沢鴨の生涯について、分かりやすく丁寧に解説していきます。
5分ほどで読めるので最後まで読んで下さると嬉しいです。m(_ _)m

芹沢鴨のエピソード

芹沢鴨せりざわかもとは自ら勝手に名乗っていた名前という説があります。

本名を下村嗣次と名乗っていた事もあると言われていて真相は明らかになっていません。

芹沢鴨の生まれた年に関しても不明なままです。

また水戸の元神官で過激な尊王攘夷そんのうじょういの一派に所属し藩の弾圧によって牢に入れられた過去もあります。

芹沢が歴史の表舞台に出てくるのは幕府の浪士組募集に応じ、水戸の仲間を引き連れて参加した時です。

芹沢は、神道無念流免許皆伝しんどうむねんりゅうめんきょかいでんの達人で「尽忠報国じんちゅうほうこくの土、芹沢鴨せりざわかも」と掘りこまれた鉄扇をいつも手にしていました。

その重さは1.1キロほどあったといわれています。

羽二重の紋付に白袴という出で立ちは集まった300名の志願者たちのなかでも異彩を放っていました。

すでに周囲から一目置かれていたようで道中取締目附に任命されています。

京についてまもなく清河八郎きよかわはちろうが浪士組を集めて尊王攘夷になると告げて朝廷に江戸への帰還を発表します。

芹沢と近藤は幕府の許可なしには帰れないと反対しました。

芹沢と近藤は攘夷という点で共通の考え方を持っており、清河の異常な行動を疑い京都守護職の松平容保まつだいらかたもりに嘆願書を提出。

後ろ盾を得て京都に残留することになります。

こうして新撰組誕生時は芹沢、近藤、新見錦の3名が局長を担いました。

芹沢はそのなかでもリーダー格の存在でした。

自らが招いた破滅の道

武勇に優れていた芹沢ですが酒が入ると凶暴になり、手が付けられなくなるのが欠点でした。

壬生浪士組みぶろうしぐみのころから商人を脅して金を出させるなど強引な金策を行っていました。

局長になってからも島原の角屋で大暴れをするなど破壊行為はとどまるところを知りませんでした。

しかし壬生に来たばかりの新撰組は金欠という状態でした。

芹沢の強引な金集めは目に余るものがありましたが財政の危機にあった新撰組を助けたことは間違いありません。

芹沢鴨、暗殺される。

しかし西陣の大和屋庄兵衛宅に押しかけ土蔵を壊して火を放ったのはやりすぎでした。

洛中での放火行為に会津藩も黙認できず近藤に芹沢鴨暗殺命令が下がります。

そうとは知らない芹沢は近藤主催の宴会に参加します。

平山五郎、平間重助らの腹心と共にしたたかに酔い、当時屯所となっていた八木家に戻りました。

深夜、愛人のお梅とぐっすり眠っていたところを沖田総司、土方歳三らに襲撃されて死去しました。

抜刀した4人は、つい立てを挟み同室で寝ていた芹沢腹心の平山五郎を一刀のうちに殺害しました。

突然やってきた刺客の襲撃に芹沢鴨は跳ね起き、脇差で必死に応戦するも、泥酔しているうえに4人の手練れが相手ではどうにもなりません。

刺客は、芹沢鴨と一緒に倒れたつい立ての上から刀を突き刺し襲い掛かります。なんとかつい立ての下からはいだし、縁側伝いに隣の6畳間に逃げ込んだのですが、置いてあった文机につまづき転倒、そのまま命運つきました。

下帯もなく全裸だったという芹沢鴨の遺体には肩から腰にかけて大きく切り裂かれたほかに、無数の刀傷があったと言わています。

芹沢と同衾していた愛妾のお梅もまた、その暗殺劇に巻き込まれ首を切られ死亡、同じ芹沢一派の平間重助と2名の女性は騒ぎに乗じて逐電し、その後の行方は知れません。

翌日、京都守護職に「芹沢鴨が何者かによって殺害された」という旨の一報がもたらされ、その次に日には、大々的な葬儀が行われました。

永倉新八はのちに芹沢の死を損失と嘆いたと言われています。

芹沢鴨の暗殺をもって果たされた水戸派一掃が、近藤勇率いる試衛館派によって一枚岩となり、佐幕派最前線の武力集団新撰組を作り上げていきます。

大坂力士乱闘事件

「大阪力士乱闘事件」とは、芹沢鴨が大阪出張中に起こった力士との乱闘事件です。

橋を渡る際の

「道を開けろ」

「いや、そちらが避けろ」

との口論で、芹沢鴨が相手の力士を無礼打ち(脇差で峰打ちにしたとも殴り倒したとも斬り殺したともいわれ諸説あり)、それに怒ったほかの力士が、浪士組の宿に報復のため徒党を組んで押しかけました。

やむを得ず乱闘となり、新撰組隊士の側には負傷者、力士側には死傷者がでました。

これまで一方的に芹沢鴨が起こした乱闘という扱いをされることもありましたが、そこには斎藤一や沖田総司らもおり、応戦して相手を死傷させています。

その後力士たちとは和解し、相撲興業で収益を得るなど、決してマイナスだけの事件ではなかったようです。

新選組 壬生屯所旧跡

新選組の屯所が実際に見学できます。見学料は1000円ですが、抹茶と餅がつきます。

新撰組ができた経緯、新撰組の活動内容やその後どうなったのかといった歴史の流れ、「八木邸」でどのように隊士が過ごしていたのかなど細かく教えていただけます

時間は20分程で、最後に芹沢 鴨暗殺の部屋や梁にできた刀傷を見れます。

「八木邸」の中での撮影は禁止なのでマナーを守って楽しく見学しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です