プロフィール

こんにちは!こっぷんか隊長です。

ご訪問いただき誠に有り難う御座います‼

このブログでは「筆文字」を中心に記事を更新していきます。

今は都内で働いていますが、いずれは田舎にツリーハウスを作る事を夢見ています。

このブログを通じて気の合う仲間など見つけていけたら嬉しいです。

はじめに

私は18才の頃、本気で将来どうやって、飯を食っていくか考えていた時期がありました。

何故なのかというと、私は相当な不器用で、どんなアルバイトも仕事が上手くこなせず怒られてばかりいたからです。

仕事が出来ない→、職場の仲間から嫌われる→孤立→辞める→新しい仕事

という事を繰り返して仕事をコロコロかえてばかりいました。

(アルバイトもまともに出来ない自分が会社員なんかなれっこないや。
本気で自分の人生を今から考えないとまずいぞ!)

10代の頃の自分は将来に対して焦りしかありませんでした。

やりたい事が見つからない。

10代の頃から

「好きな事で飯を食っていきたい~」

と考えいた私ですが肝心な好きな事が見つからない状態でした。

やりたい事も好きな事もなく、自分の頑張る矛先がみつからい当時は滅茶苦茶、苦しかったのを今でもはっきり覚えています。

取り合えず、その時の自分は職業に出来るような好きな事も特技もないけど、自然が好き!!!!という事もあり、
まずは【自然】をキーワードに自分の活躍出来る場所を探す事に決めました。

大学を休学。

さっそく大学を休学し最初に訪れたのは、小豆島という香川県にある小さな島。

そこに、DARSH村みたいな感じで自給自足を目指す民間の施設があります。

お店の名前は【げんきのたね夢楽】

※今は閉鎖してやってません。

そこでは、毎日、畑でとれた野菜や、田んぼでとれたお米、近隣の方がくれた食べ物や、海でとれた魚や貝を食べる生活を経験しました。

そこで過ごした1年間は凄い満たされた時間でした。

げんきのたね夢楽の生活は、とてもアットホームな空間で参加者さんが一緒にご飯を作ったり農作業をしたりと凄く素敵な交流がありました。

性別も職種も全く違う人が集まり仲良くできる素敵な空間でした。

学生さん、定年退職された方、旅人、学校の先生、料理人、工事現場で働く人、お医者さん、パン屋さん、幼稚園の先生、

などもう書き出したらきりがないくらい様々な境遇の人と出会えました。

筆文字との出会い。

げんきのたね夢楽でたまたま出会って、僕が筆文字を書くきっかけをくれたのが

当時、27才だったモリシタンというあだ名の男性でした。

モリシタンは路上詩人という事を当時生業にしていていました。

※路上詩人とは路上に座り路上で詩を書いて商売をしている人の事です。

イメージとしては、似顔絵を路上で書いてる人を想像していただければと思います。

モリシタンが僕に1枚の紙と筆ペンを持ってきて、即興で私自身に詩を書いてくれました。

「モリシタンすごっ!!!めっちゃ嬉しいやん!!こんな人を幸せにできる仕事を自分もやりたい」

それを貰った時の感動が強く、自分も書けるようになったら嬉しいなぁという思いから、私もその日から筆文字を書く練習を始めました。

路上詩人として活動

僕はげんきのたね夢楽に、1年間くらい生活しながら書の練習をしたあと、地元に戻り路上詩人を始めました。

路上詩人の先輩から路上に出て、人に作品書いていれば、何倍も早く上手く書けるようになるよというアドバイスを聞き即実践しました。

路上に布を引き、字を書く事が下手くそな自分が、筆文字を書く事の商売を始めました。

あなたの目を見て、インスピレーションで言葉を贈ります。

こんな宗教臭い言葉が書かれた看板を起き、駅の路上に座ります。

路上で似顔絵を書いたり、歌を歌ったり、募金活動などを経験した方は分かると思うのですが、中々人は立ち止まってくれません。

一人目のお客様が来るのに3時間くらいかかりました。

今でも覚えていますが、滅茶苦茶、緊張しました。

ただ、僕が手を震わせながら必死に書いた作品が始めてのお客様の心をつかみ、凄く感動してくださり、はじめてお金を頂いた時の感動は今でもはっきり覚えています。

これをきっかけに1000人近い方に私は路上で詩を書かせてもらう事が出来ました。

筆文字が様々な場面で役に立つ

あれから、8年程たち、

自分は、筆文字も好きなのですが今はそれ以上に整体というより大好きな仕事に出会いました。

整体をやっていても、今まで培ってきた筆文字のスキルは滅茶苦茶いまの仕事に役立っています。

整体に来るお客様が誕生日を迎えたら、3分でサラサラとその場でメッセージ書いたりして渡すと本当に喜んでくれるんですよね。

自分は色々、道に迷い、いろんな事に手をだしてきましたが、筆文字スキルは本当に自分の財産になっています。

筆文字をマスターしたいあなたに

コツさえ掴めば誰でも、味がある筆文字を書く事は可能ですよ。

だってめっちゃ不器用な自分がここまでこれたのだから。

絵はデッサンだったりクロッキーだったり色んな基礎的な部分を何年かかけて身に付ける必要があります。

しかし筆文字アートはそういっためんどくさい過程は入りません。

少しでも皆さんに筆文字の楽しさを伝えられるよう頑張って更新していきます。

宜しくお願いします‼