筆文字アートの書き方を丁寧に解説。味のある文字の極秘テクニック

こんにちは。

アート書道家の”こっぷんか隊長”です。

今日も筆文字アートの書き方を初心者の方に分かりやすくご紹介していきます。

皆さん”味のある文字を書くコツ知りたくないですか?

味のある文字は、コツさえ分かれば誰でも簡単にマスターできますよ。

味のある文字が書けるようになると、

「今日はこの文章をこんな風にアレンジして文字に味を出してみようかな!?」

など作品を作る過程が今まで以上に楽しくなりますよ。

毎回、似たような作品になってしまうと書いている自分も飽きてしまいますし、

作品を見た方も感動に欠けてしまいます。

本記事は3分ほどで読める記事になってますので最後まで読んでくださると嬉しいですm(_ _)m

はじめに。

今日、皆さんにお伝えする、文字に味を出すテクニック方法が、

”エックステンド・テクニック”

という物になります。

このブログの読者の中にはまた変な名前が出てきたぞ?笑

と思う方もいるかもしれません。
本当にネーミングセンスが感じられないですよね笑

ただこのテクニックは誰でも直ぐに真似出来て味を出せるので

是非皆さん参考にしてみてください。

ただ注意点が1つあります。
このテクニック名、

”エックステンド・テクニック”

という名前は私が勝手に呼びやすく決めたものになりますので、

インターネットで検索しても出てこないテクニック名になりますので

ご了承ください(・∀・)

”エックステンド・テクニック”は、

すごく単純なテクニックです。
強調したい文字や遊び心を加えたい文字の、【はらい】の部分を伸ばして書くだけです。

では順番に解説していきましょう。

準備する物

本日、作品を書くときに使用するのは

・筆ペン(太字)

・緑ペン

・判子

・赤インク

の4点になります。

普通の作品例

コチラが

“エックステンド・テクニック”を

使用していない普通の作品になります。

ありのままに自分らしく

と書きました。

テクニック使用

どの文字を目立たせるか決めて、

“エックステンド・テクニック”

(線を伸ばす)

をしていきます。

エックステンド(線を伸ばす)を使用した文字は

“く”という文字になります。

少しこのようにアレンジするだけで

作品の印象が

ガラッ!と変わりますね。

注意点

上の作品のようにあまり多用しすぎると、

文章自体、何が書いてあるか分からなく恐れがあります。

基本的に筆文字アートには

“不正解”が

ないので、この作品はこの作品で

好きな方はいると思います。

私の中の筆文字アートの考えで

バランスは大事というのがあります。

この作品は
どの文字にも主張が強すぎてどこに注目していいか分からなくなる感じがあり
作品としての美しさに欠ける感じがします。

あくまでわたしの考えですよ?笑

ファッションと同じ

筆文字アートも、普段の服装に対する考え方と似ています。

ファッションも、めっちゃ派手なズボンを履くとしたら、上にきる服はちょっと主張が抑え目な物をもってきますよね?

それと一緒です。

やり過ぎないで、主役を決めるのが筆文字アートを書く上で大切です。

筆文字アートにおいても

際立てたい文字を1つ決めて書くようにしましょう。

エックステンドを使用した作品集

<作品例1>

【不完全】

「すべてが完璧でなくても

7割方できれば良いかなぁ」

この作品、後になって気付いたのですが

漢字、間違ってますね?笑

不完全を不完然と書いちゃってます笑

あまり気にしないでください笑

<作品例2>

次の作品は、よく皆さんが使う、

ありがとう“という言葉。

これは一番、”エックステンド・テクニック”を使いやすい文字ですね。

写真をみてもらえば分かりますが

パステルで色付けをしてみました。

これは今、とつぜん頭に降りてきた表現方法になります笑

これはこれで可愛い作品になりますね。

まとめ

いかがでしょうか。
エックステンドテクニック(伸ばし)は、

誰でも簡単に今日から取り入れられるテクニックです。

ぜひ、皆さんの作品に取り入れて味のある作品をどんどん生み出していってみてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
作品依頼

・作品依頼についてはコチラまで。 blognitukaumail@gmail.com

・筆文字作品のアドバイスが欲しいという方もお気楽にメッセージください。

インスタグラム

・koppunka.1227で検索。

・フォロー大歓迎!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です