【決定版】筆ペンのくずし文字を書くコツ。世界一やさしく解説。

こんにちは。

アート書道家の”こっぷんか隊長”です。

先日、なんと!!!!!!!

筆ペン初心者が筆ペンのくずし文字を簡単に出来るようになる

コツを発見しました。

そのテクニック名は、

スパイラル・テクニック

と言います。

私が分かりやすいように勝手につけました笑

なんか偉そうに名前なんかつけてすみません。。。


本記事は、

・筆ペで味のある文字を書きたい方

・文字のくずし方が分からない方

には筆ペン文字の技術力をあげるきっかけを与えられる記事になります。

3分ほどで読めますので最後まで読んでくださると嬉しいですm(_ _)m

はじめに

私は筆文字を書き始めたばかりの頃って、どうやって文字をくずせば良いのか、

やり方やコツが全くわからなかった記憶があります。

10年間、筆文字を書いてきて今思う事は、筆文字アートに正解はないので

自分が思うように文字で遊んでいいということ。

ただ、そうは言っても、筆文字初心者は文字をくずして遊ぶ経験がないので、

自分が思うように文字をくずすアイディアがわかない方も多いかなと思います。


そんな方はまず、”文字をくずす”入りとして今日お伝えするテクニックを覚えて頂きたいと思います。
このテクニックを覚えたら文字をくずす事のコツが分かってくるはずですよ。

では実際に作品を見ながら
スパイラルテクニック

解説していきます。

準備

今回使用する物は以下の5点です。

・紙

・筆ペン

・ボールペン

・判子

・緑ペン

普通の書き方

上記の作品は

スパイラル・テクニックを全く使用してない普通の筆文字の作品です。

まあこれはこれで全然可愛い作品ではありますが、文字にパンチがないですよね。

実践例

どうでしょうか!!!!!

同じ文章なのに作品の出来栄えがこんなに変わってきます。
スパイラル・テクニックは強調したい文字や遊び心を加えたい文字に
”渦巻き”を書くだけです笑

スパイラルテクニックの由来は、スパイラル=渦巻き というところから命名してます。

コツは、このスパイラルテクニックをあまり多用しすぎると、
全体の文章で何が書いてあるのか分からなく恐れがあるのでスパイラルする文字を1文字決めて書くと良いです。

作品一覧

<パターン1>

【いつもいつもありがとう】

“う”の字をスパイラル(渦巻き)して、文字をくずしました。

むっちゃ可愛い作品になりました。

<パターン2>

【いつもいつもいつもありがとう】

“り”の字をスパイラル(渦巻き)

して、くずしてみました。

ありがとうという感謝の言葉に感情がよりのっかった文字になりますね。

<パターン3>

【毎日どんな事にも感謝】

“謝”の字をスパイラル(渦巻き)

しました。

すごい文字に迫力がでますよね。

まとめ

いかがでしょうか。
スパイラルテクニック(渦巻き)は、

めっちゃ簡単な、文字くずしテクニックになります。

筆ペンで味のある文字を書けるようになるのって、

コツを掴めばすぐできるので、絵画のデッサンやクロッキーなどを学ぶより簡単なんです。

ぜひ、皆さんの筆ペン作品に取り入れて味のある作品をどんどん生み出していってみてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
作品依頼

・作品依頼についてはコチラまで。 blognitukaumail@gmail.com

・筆文字作品のアドバイスが欲しいという方もお気楽にメッセージください。

インスタグラム

・koppunka.1227で検索。

・フォロー大歓迎!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です