【決定版】筆ペンのオススメ練習術。たった1日でマスターするコツ

こんにちは。

アート書道家のこっぷんか隊長です。

筆ペンを買って筆文字を書いてみたものの上手く書けずに悩んでる方はいませんか?

実は筆ペンの文字って

デッサンやクロッキーなど

絵を書くよりメチャクチャ簡単なんです。

本記事は筆ペンで文字を綺麗に書く練習方法ついて、どのサイトよりも分かりやすく書いていきます。

3分ほどで読める記事になってますので最後まで読んでくださると嬉しいですm(_ _)m

はじめに。

今日は皆さんに、

【エンブレム練習法】

という方法をお伝えしていきます。
これは私が筆ペン初心者の時に多用した練習方法なので、ぜひ、皆さんも練習に使ってみてください。

因みにエンブレム練習法という名前は私がつけた練習方法名になるので、ネットで検索しても出てきませんのでご注意ください笑

エンブレム=記号

という和訳からつけた練習方法です。
では解説していきましょう。

紙に黒い枠を書く。

まず紙を用意します。

紙を用意したら紙に鉛筆で、上記のように黒枠を記入していきます。

今回は見やすくする為に黒い枠を筆ペンで書き込んでいます。

この枠は、

あとから書き込む文字がはみ出さないように余白を予めつくっておく目的があります。

エンブレム(記号)を書き込み。

あなたが書きたい文章を決めます。

文章を決めたら

②書きたい文字をどのように配置するか考え、△や○や□や◇を書き込んでいきます。

この時に注意点があるのですが、文章の○や△の記号(エンブレム)の間に余白が出ないように書いていくと、筆ペンで書いた作品が綺麗に仕上がります。

実際に文字入れ

○や△、□の中に文字を実際に書き込んでいきます。

※今回は皆さんに分かりやすく解説する為に赤インクの筆ペンを使用しています。

いかがでしょうか。

ボールペンや鉛筆で書いた文字と違い筆ペンらしい味のある字体になりました。

下書きを消す。

文字を書き込んだら最初に書いた、

エンブレム(記号)や黒枠を消ゴムで消します。

注意点として文字を上から消ゴムでこすると、文字が薄くなったりするので綺麗に鉛筆で書いた線のみ消すよう気を付けましょう。

微調整

書いたら、仕上げの微調整です。
全体を見ながら読みにくい文字や、もう少し味のある字に変える為に、二度書きします。

プッシュというかすれを書き加える筆ペン技術もここで使用するのもいいかもしれません。

完成品

どやっ!!!

完成致しました。

めっちゃいい感じに作品が出来ました。

これを繰り返し練習すると

枠なしでもバランスのとれた作品が

筆ペンで書けるようになりますよ。

別のパターン①

要領は先程と同じです。

黒枠を書き、その中に隙間なくエンブレム(記号)を書き込んでいきます。

今回は先程とは違う配列でエンブレム(記号)を書き込みました。

エンブレム(記号)の中に筆ペンで隙間なく文字を入れこんでいきます。

完成品

別のパターン②

黒枠の中にエンブレム(記号)を書き込んでいきます。

今回は少し攻めてみました。

黄色になった枠をみてください。

他の記号よりも大きく書いてみました。

エンブレム(記号)の中に文字を入れ込んでいきます。

黄色く塗った記号内にも上手く文字が入りました。

このパターン②を見ると分かりますが、

小さい文字と大きい文字の差があると

より味のある筆ペン作品になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

エンブレム練習法を使えば、味のある文字が書けない事で悩んでいた方も筆文字アートらしい味のある書き方が出来るようになりますよ。

何回かエンブレム練習法を繰り返していくうちに、記号の下書きを書かなくても筆ペンで文字を書けるようになるはずですので、ぜひ練習して物にしてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
作品依頼

・作品依頼についてはコチラまで。 blognitukaumail@gmail.com

・筆文字作品のアドバイスが欲しいという方もお気楽にメッセージください。

インスタグラム

・koppunka.1227で検索。

・フォロー大歓迎!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です