必見!/筆文字はいかに固定概念をぶっ壊して書けるかが大事。

はいさーい。

アート書道家の、こっぷんか隊長です。

最近よく、筆文字アート初心者の方から

「なんか思ったように筆文字を崩せない。」

「書いた文章が書道っぽい字になってしまう。」

「毎回、似たような文字ばかりしか書けない。」

という声を多く聞きます。

まだ筆文字を書き始めたばかりの方達の作品を見ていて感じるのが、、、

もっと型にとらわれずに自由に伸び伸び書こうよ!!!!

という点です。

毎回、筆文字を書いてて同じような自体だと筆文字の楽しさは半減してしまいますよ。

逆に今日はこんな字体で書いてみようかな?

おっこんな字体だとよりいいな!

と言った感じで文字を書けると本当に筆文字を書くのが楽しくなりますよ。

今日はそんな、【ふつう】な字体しかマスターしてない筆文字初心者の方にむけて書きました。

「ありがとう」という言葉だけでも、こんなに書き方のバリエーションはいっぱいあるんだよというのを知って頂けたらと思います。

 

▼普通バージョン

一番、読みやすくて老若男女すべての方に受け入れられやすい字です。

このような基本の書き方をマスターしておくと後から、文字をアレンジしていく時に、応用が効くようになります。

ただ、自分としては個性などないありふれた字体なので、書いていてあまり面白さは感じません。笑

▼遊び心があるデザイン

一番、筆文字アート初心者が文字をアレンジしやすいタイプの書き方です。

ちょっと工夫するだけでこんなに、味がでる文字に変身しちゃうんです。

ポイントは最後の文字、【う】を伸ばして書くというところです。

最後の【う】の書き方1つとっても、墨のスレ方が作品を書くたびに全く違うのが楽しいですよ。

▼段々文字が大きくなるデザイン

凄く味があって尚且つ、読みやすい字体です。

この、ありがとうの文字からは、すごいあったかさを感じますよね。

段々大きく書く筆文字はちょっと難易度高い技術ではあります。

しかしマスターすると、他の方の作品とは少し違った目を引く作品を産み出せるようになります。

真ん中を大きく書くデザイン

真ん中を大きく書く

▼カクカクしたデザイン①

カクカクした文字はデザイン的にみると凄くかっこいいですよね。

コツは、すべての字体をカクカクとした書き方に統一するという点。

僕はあまり追求した事のない字体ですが、こういった字体をどんどん追求していけば、他の人とは差別化出来たお洒落な作品になりそうです。

字体が字体なだけに、あまり沁みる言葉を書いても、感動させる力が弱まりそうだなとも感じます。

まさにデザイン重視の書き方。

▼カクカクしたデザイン②

これもデザイン重視の書き方です。

全ての文字をカクカクさせる事に統一させ、更には最後の【はらい】を伸ばして書きました。

誰かにメッセージを書こうと突然思ったけど、その場に筆ペンがない!!!!

なんて時は、こういった字体ならマッキーとかポスカのようなペンでも、デザインできそうですね。

▼まるっこいデザイン

一角目を全てまるっこい書き方に統一した字体になります。

非常に可愛らしく女子ウケ間違いない字体です。

この字体は他の字体と比べても、書き方をマスターしさえすれば簡単にかけちゃうのがよい点です。

ささっと、誰かにプレゼントしたいときに役立つ字体です。

▼ぐるぐるデザイン

文字の終わりを、ラーメンの【ナルト】のようにぐるぐるさせたデザイン。

この字体で書くと、スレを自然に出すことができるのが魅力です。

筆文字の良さって、【スレ】だと思うんです。

そんなスレを初心者でも簡単に、文字の終わりをぐるぐるさせるだけで、見映えよく書けちゃいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ありがとうという言葉をとってもこんなに書き方って沢山あるんです。

アートの世界で一流の方ってみんな自分の色をもってますよね。

あなたも、なんとなく文字を書くだけでなくあなたらしさがでる文字を追求していったらどうでしょうか?

どんどん筆文字を書くのが楽しくなりますよ。

今日も最後まで読んでくれてこっぷんかぁ~♫


書道ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です